MENU

包茎手術による失敗談

 

せっかく症状の改善を目指して受けた包茎手術なのに、結果がよくないこともしばしば報告されています。

 

よくあるのは、陰茎を覆う皮が足りなくなってしまうパターンです。

 

勃起(ぼっき)した時に特に問題になります。セックスの時も、気持ちが良くなるより、痛みのほうが上に来ます。これが原因でインポテンツになってしまう可能性もあります。

 

また、ここまで極端な症状でなくてもやはり問題です。陰茎が気持ちよくなるのは、陰茎の上で皮が擦れるからです。が、余分と思っていた皮を切って短くした結果、動くだけの余裕がなくなるのです。当然、擦れることによる快感もなくなります。

 

それでもと頑張ってしまうと、今度は出血することさえあるようです。

 

また、実例はそう多くありませんが、逆もあります。切り取る量が少なすぎて、亀頭がちゃんと出ていないのです。

 

あるいは、「包皮小帯」にダメージを与えてしまうこともあるようです。これは亀頭裏面の「スジ」と呼ばれている部分です。感度が悪くなってしまいます。

 

これらの失敗はかつては決して少なくなかったようです。が、近年は手術法や機器が進歩して少なくなっています。

 

が、どうしても医師個人の技能頼りという面も残っています。ですから、失敗を避けるには事前の評判に関する情報が重要になってきます。

 

また、カウンセリングは軽視しないようにしましょう。「儀礼的にやっているだけ」と考えるのは失敗のもとです。目指している「仕上がり具合」もちゃんと医師との間で合意しておく必要があります。