MENU

根部形成法の弱点は?

 

亀頭に近い部分の皮と取り除き、根元側から皮を伸ばして縫合する「亀頭直下法」に対し、逆に根元に近い方の皮を陰茎にそってベルト上に取り除くのが、「根部形成法」です。

 

縫合するときには、先端側から根元の方に残った皮を引っ張ってきます。

 

亀頭直下法では、縫合部分は亀頭の出っ張りの部分の影に隠れます。この根部形成法では、縫合部分は陰毛に隠れることになります。

 

ただし、腕の悪い医師にかかると、縫合部分が思ったところに来ず、十分に隠せないことがあるようです。

 

ほかにもいくつかの注意すべきことがあります。

 

処置するのは根元の皮なので、カントン包茎には向きません。この場合、皮の先端の開口部自体が狭く、亀頭をリングのように押さえつけている状態です。これではいくら根元の方に引っ張っても、亀頭は出て来ません。

 

ここまで極端ではなくても、真性包茎の場合にも先端が狭くなっていれば、やめたほうがいいでしょう。

 

つまり、仮性包茎限定の対策となります。また、手術自体も亀頭直下法より複雑で困難になります。というのは、皮が余っているのは亀頭など先端付近です。これを取り除けばいいだけです。が、根元付近で調整すると、皮全体を根元の方に引き寄せてくるための処置をする必要が出てきます。

 

また、血管や神経も根元の方が太く、重要性も高いのです。傷つけないような配慮が、いっそう必要です。

 

こういった事情があって、今では執刀数は亀頭直下法に大きく空けられています。

 

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら