MENU

包茎クリニックの主な手術費用は?

包茎手術を受けられるところは、大きく分けると「泌尿器科」と「包茎クリニック」です。

 

ただ、これらには少し注意が必要です。

 

包茎クリニックは、女性のものでいえば、美容外科・美容皮膚科に近いです。

 

「必ずする必要のある医療ではない。美しくなるために医療を利用する」ものです。「ペニス専門の美容外科」ぐらいに考えておいていいでしょう。

 

治療扱いにはなりませんから、健康保険は利きません。なので、診察費・手術費は高くなります。

 

一方、泌尿器科は、外科や小児科と同じく、病気などの体のトラブルを治すところです。また、包茎だけではなく、ペニスや膀胱などが関係するほかの病気も扱います。

 

健康保険が利きますので、診察費・手術費は安くて済みます。

 

ただし、ここからが注意の必要な部分です。

 

泌尿器科の中にも、「健康保険適用外」として、美容外科・美容皮膚科でやるような種類の包茎手術をするところもあります。

 

このような状態ですから、看板だけで簡単に判断をしないほうがいいです。

 

費用を考える上で、分ける必要があるのは、「健康保険が利く包茎手術」と「健康保険が利かない包茎手術」です。

 

まず、ほぼ問題なく健康保険が利き、治療目的だけを扱っている泌尿器科でもできるのは、「カントン包茎を解消する」と「真性包茎を仮性包茎まで持っていく」です。

 

つまり、料金が安くて済むパターンです。

 

ですが、料金が高くなるのを承知で、包茎クリニックに行ったり、泌尿器科でも健康保険の適用外の手術にすることも考えられます。

 

カントン包茎でもあえて、包茎クリニックを選ぶとすれば、「包茎クリニックのほうが仕上がりがきれいになることが多い」というのが理由になることが多いようです。

 

真性包茎ならば、この理由に加えて、「仮性包茎になるだけでは、満足できない。解決にはならない。料金が高くていいから、露茎(常に亀頭が出ている状態)にしたい」というのが理由になります。

 

また、もともと仮性包茎で、それを露茎まで持っていくための手術であれば、泌尿器科は扱っていないか、扱っていても健康保険の適用外になります。もちろん、包茎クリニックも同じです。

 

つまり料金は高くなります。

 

これらのうち、治療の内容が同じならば、どこにいっても同じ診察料・手術料になるのは、健康保険を利かせた時です。つまり、泌尿器科で治療目的の範囲内(カントン包茎の解消・真性包茎を仮性包茎にする)の時だけです。

 

手術費は数千円です。診察費や薬代を入れても、3、4万円もあれば間に合います。

 

これ以外であれば、診察費・手術費は泌尿器科・包茎クリニックで自由に決めることができます。

 

これはトータルで10万円を切るようなときもあれば、20万円を超える場合もあります。

 

手術後の仕上がりを特にきれいにするような措置が加わる場合、オプションなどで料金がアップすることが多くなります。ほとんどの人は、予算をそこまで考えておいた方がいいでしょう。