MENU

カット法と呼ばれる基本的な包茎手術方法の種類について

包茎手術の方法にはカット法と呼ばれるものがあります。
このカット法にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴が異なっています。
これからその種類と特徴について紹介していきますので、ぜひここでカット法について勉強してみてください。

 

・包皮小帯を切らなくていい環状切除術

 

カット法と呼ばれる包茎手術にはいくつかの種類がありますが、その中でもっとも一般的な方法は環状切除術です。
これはどういう治療法かというと、文字通り不必要な包皮を環状に切除するという方法です。
包皮小帯を切らずにすむのが特徴で、術後に勃起しにくくなったり不感症になったりする心配もありません。
一方で、執刀する医者の技量が低いと手術痕が残ってしまう可能性がありますので、執刀医選びが重要になる治療法でもあります。
ただし環状切除術は包茎治療の中で広く採用されている治療法であることも知っておいてくだsだい。

 

・真性包茎の場合に行われる背面切開法

 

包茎治療は仮性包茎か真性包茎かによって採用される治療法が異なりますが、真性包茎の場合は背面打開法というカット法が採用されています。
背面打開法はどういうものかというと、亀頭を覆っている部分の包皮を縦にカットするという方法です。こうすることによって亀頭と包皮の癒着を解消され、皮が剥けやすくなります。
背面打開法の特徴は、包皮に切れ込みは入れるものの、切除はしないということです。したがって真性包茎が治る代わりに仮性包茎になってしまう可能性があります。

 

・仕上がりがよくなる亀頭直下法とは

 

包茎手術を受けたいと思ってる方の中には、なるべく仕上がりをよくしたいと思ってる方もおられるでしょう。
そういう方におすすなカット法が、亀頭直下法と呼ばれるものです。
亀頭直下法は、包皮を剥いて亀頭を露出させ、余分な皮を亀頭の直下でカットするという方法です。
この亀頭直下法の特徴は、仕上がりを綺麗にすることができ、ツートンカラーにもなりにくいということです。
手術は成功しても見た目が悪くなったというケースは少なくありませんが、この亀頭直下法ならそうした問題が起きる可能性を低くすることができます。

 

・執刀できる医者が限られる亀頭下環状切開術

 

包茎手術のカット法の中には、とりわけ高度な技術が要求されるものもあります。
例えば、亀頭直下埋没法と環状切開術をマッチさせて行う亀頭下環状切開術はまさにそういう術式です。
亀頭下環状切開術は術後の傷跡が目立ちにくいというのがメリットですが、その代わり亀頭下環状切開術とても高度で難しく、執刀ができる医者は少ないというのがデメリットです。