MENU

包茎矯正グッズと包茎手術ではどちらが良い

包茎は余分な包皮が亀頭に被っていますので、亀頭周辺に恥垢が溜まり、耐えられない悪臭をまき散らしてしまいますし、恥垢が原因で雑菌が繁殖して包皮炎や感染症にかかってしまうこともあります。

 

また女性は包茎の男性を嫌っていると言われており、悪臭や早漏が原因となって別れてしまうことがあるようですし、不潔なペニスを膣に入れたくないと言って、セックスを拒まれることもあると言われています。

 

こうした最悪なことになることがある包茎は、包茎手術や包茎矯正グッズを利用するのが良いと言われていますが、包茎矯正グッズは効果があまり期待できないようです。

 

包茎矯正グッズは包茎手術に比べると安くて手軽に行うことができますし、傷痕が残らないので良いのですが、包皮に剥けるクセがついても一時的なクセなので、しばらくすると元に戻ってしまいます。

 

 

 

また真性包茎やカントン包茎、重度の仮性包茎の場合には、全く効果が期待できないと言われており、軽度の仮性包茎にしか対応していないのが残念なところです。

 

しかし包皮を切除する包茎手術は、矯正グッズに比べて費用が高くなりますが、一度受ければ元に戻ることがないようなので、矯正グッズという遠回りをするよりも、近道な包茎手術の方が良いと思われます。

 

そして包茎手術と包茎矯正グッズには、それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の包茎の状態を理解した上で、どちらが良いのか決めてから利用するようにしましょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら